<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

326

タワレコ丸ビル店にて





Dead Wonderland/iLL






Hold On Now, Youngster.../Los Campesinos!






Antidotes/Foals





を購入。
話題のBlood Red Shoudsは、よく解らないのでパス。
FoalsはThese New Puritansと迷ったけど、こっちにしました。(給料入ったら買うけど)
Mobyの新譜は微妙やった…。


それと、探していたロンドン・ナイト・ディスク・ガイド、英雑誌「Q」のバックナンバーも購入。














ロンナイって、基本がパンク→メロコアの流れなのね。うーん、そうか。なるほど。
テンションあがるチョイスも結構あって、(Larrikin Love「Happy As Annie」!Stars「Ageless Beauty」!)文章もそれなりに楽しめるけど、2600円は高いなー。。。

こっち買うなら、SnoozerのEssential Disc Guideをおすすめします。
[PR]
by fa60453 | 2008-03-27 02:23 | 雑記

TSUTAYA人

常にCDは買ったり借りたりし続けてます。
ろくに聞けてないけど。。。

レンタル
Hosono House/細野晴臣
Niagara Triangle Vol.1/Niagara Triangle
Dreamland/Aztec Camera
High Land, Hard Rain/Aztec Camera
The Smiths/The Smiths
FutureSex LoveSounds/Justin Timberlake
Do You Know Squarepusher/Squarepusher
You Are Free/Cat Power
Youth & Young Manhood/Kings Of Leon
Exposed/Boom Boom Satellites
ヒゲとボイン/ユニコーン
Northern Lights - Southern Cross/The Band
Music From Big Pink/The Band
Lunacy/Luna Sea
Up-Tight Everything's Alright/Stevie Wonder
The Velvet Underground(Ⅲ)/The Velvet Underground
Another Green World/Brian Eno
Heroes/David Bowie
Sheer Heart Attack/Queen
Fantastic OT9/奥田民生
Japan/the telephones
east end girl/De De Mouse
Please Please Me/The Beatles
A Storm In Heaven/The Verve
Let It Come Down/Spiritualized
Parade/Prince & The Revolution
Thriller/Michael Jackson
Synchronicity/The Police
Plastic Ono Band/John Lennon

購入
Philharmonic or die/くるり
魔法のバスに乗って-Sg/ 曽我部恵一Band
Vampire Weekend/Vampire Weekend
Useless Music/Wino(中古)
初期のRCサクセション/RCサクセション(中古)
[PR]
by fa60453 | 2008-03-20 00:17 | 雑記

魔法のバスに乗って/曽我部恵一BAND














一昨年の「LOVE CITY」以降、彼の作品にハズレは一枚も無い。

とにかく歌詞が最高。
銀杏BOYZとは似たようでいて、でも、違う形で胸を掻き毟られる。
(こちらの歌の主人公は童貞ではない=ノスタルジーではない!!)


バス停の角曲がった坂道 そこには夢と優しさがあって
ぼくはふと立ち止まってみては 確かなざわめきを探してみる

街が午後4時をまわる頃には 星の王子様が降りてくる
きみはなんとなく空を見上げては くすんだ昨日横切るのを見る

輝きはじめたショッピングモール 転がった恋には値札がある
退屈の海 生きるって意味 まとわりついてどうしようもない

あぁ 魔法のバスに乗っかって あぁ どこか遠くまで
あぁ 魔法のバスに乗っかって あぁ 季節の果てまで



あらゆる「観念的なもの」や「意味」から離れ、「生、生きることそのもの」に肉薄するさまは、The Whoの超名曲、「Baba O'Riley」のよう。これこそロックンロール。最高。

この詞に関して、感性がどーこーみたいなレベルの話をする奴がいたら、そいつは間違いなく、バカか、イメージでしか音楽を聞けない間抜けなので、そいつの話は無視して良い。

どんどん観念的になっていくロックシーンに大しては具体性で、闇雲に前を向かせるJ-POPシーンに対してはオルタナティブな視点の提示で、見事にカウンター足りえている。
(実際、シーモやファンキーモンキーなんちゃらを意識してAメロはラップ調、サビで歌、という構成になっている)

「LOVE CITY」以降の決定打がこの曲。

アルバムは、要注目。
おそらく、この国においての、Arctic Monkeysの1stのような内容になるのは間違いない。
[PR]
by fa60453 | 2008-03-07 00:28 | うんこレビュー

syrup16g最後の日あるいはLive Forever

e0116902_585427.jpge0116902_593320.jpg











武道館に全国から終結した負のオーラたちをものともせず、当日の天気は晴れ。
しかし、3月になったとはいえ、東京は肌寒い。

会場は超満員。自分はバックスタンドで鑑賞。
アジカン後藤、ストレイテナーの人、バンプの人、アートスクールのきのこの人なども来場していたそうな。
(きのこは自分の後ろの列にいたかも知れない。なんであんなとこにいたんだw)

1.きこえるかい
2.無効の日
3.生活
4.神のカルマ
5.I.N.M. 
6.Anything for today
7.イエロウ
8.月になって
9.負け犬
10.希望

まさかの「きこえるかい」からのスタート。
しかし、「生活」「I.N.M.」等で五十嵐はギターミスりまくり。
(「負け犬」はイントロミスってやり直し。MC「負け犬だけに?」)
「月になって」、「希望」の選曲はむちゃくちゃ嬉しかったけれど、グダグダなやばい空気。

11.センチメンタル(弾き語り)
12.明日を落としても(弾き語り)

この弾き語り2曲が素晴らしかった。
ここから一気に観客を引き寄せる。

13.もったいない
14.生きたいよ
15.途中の行方
16.ex.人間
17.正常

だんだんと熱の入ってくる演奏。ex.人間がバッチリ決まる。
そして、おそらく五十嵐が勝手に始めた(ベースとドラムが顔を見合わせて「やれやれ」な表情で笑ってた)「正常」でキタダマキは大暴れ(あんなの初めて見た)、中畑はスティックを折る。大熱演。割れんばかりの拍手。

MC「終わっちゃうな…終わるのか?…クソッ」

18.パープルムカデ
19.天才
20.ソドシラソ
21.Sonic Disorder
22.coup d'Etat
23.空をなくす
24.リアル

ここにきて、ようやく圧倒的な演奏力を見せ付ける。
「リアル」は怒涛のカッコよさだった。
最高潮の盛り上がりの中、本編終了。

encore1
25.さくら
26.ニセモノ
27.新曲
28.イマジネーション
29.scene through

しかし、タナソウに「ナルシシズムの極地」と評された「さくら」のイントロがこれまたグダグダ。
そのあとMC「あんま嫌な事言わないでね…」
まさか…気にしてんのかなw?
そして、新曲(!!)を挟み、感傷を最高潮まで高めるはずの「イマジネーション」で歌詞を間違え、首をかしげる。
思わず笑ってしまった。

encore2
30.She was beautiful
31.落堕
32.真空

encore3
MC「おれは今日もダメだった笑!でも、明日が見える曲いっぱい書いてきたんで、これからも聞いてやってください」

33.翌日

MC「素晴らしい夜を」

34.Reborn


歴史的な解散ライブではなかったし、カッコ良くもなかった。むしろカッコ悪かった。
最後までバカで正直なバンドだった。


でも、そんなシロップが大好きなんだった。
ほんまに行って良かった。
ありがとう。



青春とのお別れみたいな、たいそうなものを期待していたけれど、今あるのは、昨日の続きだけ。
でも、それは昨日より素晴らしい日で、そんなことは当たり前のこと。
汚れて、傷ついて、生まれ変わってゆく。
[PR]
by fa60453 | 2008-03-03 02:15 | 音楽ネタ