ご無沙汰ですよね?


実は、いつも使ってたもらいもののノートPCが遂にぶっ壊れてしまいまして。ハードディスクがキュインキュインゆーておりまして。

更新がままならない状態になっております。


それでもいつも覗いてくださってる方々、ほんとヒマですね(笑)。


嘘。ありがとうございます。


そんなわけで、今日はゼミ室のPCから、一人で昼飯食いながらこれを書いております。寂しいので、誰か電話をかけてきやがれ下さい。

で、その代わりと言っては何ですが、わたくし調子に乗って遂にTwitterなるものを始めちゃったので、良ければフォローしてやって下さい。
てゆーかフォローさせて下さい。一人だと寂しい、というかアホらしいので。
てゆーかまだ使い方がよくわかりません。
一緒に始めてくれる人も募集中。

こっちの方も、当分はまあゆるめに、カジュアルに、気が向いたら更新します。

ではまた。


[PR]
# by fa60453 | 2009-09-30 12:57 | 雑記

大名曲'09

七尾旅人×やけのはら - Rollin' Rollin'


21世紀の「今夜はブギーバック」。
七尾旅人がここまで穏やかで大きなメロディを歌ったことはかつてなかった。
スタジオボイスに続いて休刊が決定したremix最後の表紙が旅人なのが象徴的だけど、この曲は後年も引き合いに出される、とても重要な瞬間になると思う。
次のアルバムは絶対に要注目。大傑作の予感。
間違いなくゼロ年代を代表する名曲の一つ。



Mika - We Are Golden


21世紀の「ババ・オライリー」。
テーマは10代(詳しくはSnoozer最新号参照)。
これのパロディ動画がたくさんアップされてて、いいなぁ~と。
頭を抱え込んだままのたくさんのベッドルームに、少しでも何かが届けばいいのにね。
間違いなく今年のベストPV。
[PR]
# by fa60453 | 2009-09-11 00:40 | You Tube

「ポップソングは時代の表現であり、時代を超えたポエトリー」






NHK教育でやってる「佐野元春のTHE SONGWRITRES」。
むっっっっっちゃくちゃ面白い!こんな授業受けたい!!

「とにかく佐野先生のポップ・ソングのリリックに対する信仰にも似た愛着と期待が大爆発していて、とにかく最高です。あまりに前のめりすぎて、時折ちょっと気恥ずかしい瞬間さえありますが、そういったところも含めて、素直に感動します。最高。」というのが田中宗一郎の評。

上は松本隆の回で、下はスガシカオの回。
番組の中でも触れられているように、松田聖子は「戦後を象徴するディーヴァ」で、スガシカオは「95年以降」を象徴する(=表現がリアリティに向かう)ソングライターであるということがよくわかる。
佐野元春の、情熱に溢れていながら知的で紳士的な進行が、次々とゲストのソングライティングの核心をついていく。

矢野顕子がゲストだった回でとても印象に残った言葉。

この世には2種類の人間しかいない。
1つは、「ほんとうのこと」を知りたい、追求したい人たち。
もう1つは、そんなこと最初からどうでもいい人たち。
私は前者の人たちと仲間になっていきたい。




誰かYou Tubeに全部あげて下さい。

More
[PR]
# by fa60453 | 2009-09-07 17:46

10 / Cali≠Gari















再びメイクして戻ってきたカリガリ。シングル「9」を挟んで6年ぶりの新作。
「第7実験室」「8」と同じく、石井秀仁がほとんどの曲の主導権を握り、桜井青の作品は共作も含めて4曲に留まっている。

「安っぽいスリルだけど無いよりはマシ」
「凡庸の芸術はなんだか知らねえけども金の匂いがして」
「居心地は最悪だけれどどうやったって戻されちまうし 因果因果因果 これが因果だ」
「なんといっても奴らは肥えてる 耳は腐ったゴミでも 目にはいつだって何匹もの星を飼って日々増殖」
「空色のバスはいっちまったけど」
「今じゃ夢なんてやめたさ。息も吐かずに同じ孤独を生きよう。」
「巡る季節を売る度に、一つ思い出作ります。」

歌詞は概ねこんな感じで(あとは大体ヤケクソ&ナンセンス)、両者ともに中年の危機、行き詰まり、再結成の白々しさなんかについて歌っている。アートワークの健康器具は、これは体調を整えるためのただのエクササイズ(=金儲け)ですよ~あはは、という皮肉に他ならない(多分)。音楽的接点はほとんど無いものの、2人の気分は「閉塞感」「商業主義の下らなさ」という点で見事にシンクロしている。

しかし、それでもというか、相変わらずというか、曲の出来は悪くはなく、岡村詩野先生をして「それなりの切れ味がある」と言わしめるほど。シングル曲「-踏-」は、一般受けも良さそうなヘヴィなリフものでそれなりに商業的目配せがあるし、石井得意の80'sフレイバーの「ハラショー!めくるめく倒錯」なんてクオリティ的にはニルギリス辺りなら凌ぐほどの出来。唯一、桜井作曲の「スクールゾーン」は、ファンの求める「これぞカリガリ!」な曲だけど、石井のシンセがきちんと活躍。全体的には2009年版にアップデートされたカリガリ、という感じ。

何より、こないだのユニコーンみたいなお祭り感が徹底的に排除されていて、ちゃんと「8」の続きを作ってくれたことが嬉しい。正直に「アルバム」を作ってくれていることが嬉しい。個人的ベストトラックはYMOの「U・T」をインダストリアル~ジャスティスな感じで現代的にした石井の「飛煌者読誦」と、桜井の筆による、カリガリ的トロピカリア「電気睡蓮」。

復活は「賞味期限付き」ということだけれど、この閉塞感の先は、確実にあるはず。
何年後かでいいから、もう一枚は作って下さい。

More
[PR]
# by fa60453 | 2009-09-03 03:16 | うんこレビュー

8 / Cali≠Gali














桜井青と石井秀仁。
V系全盛期のシーンにおいて、異型かつ破格の才能を持っていた2人を擁する伝説のバンド、カリガリ。

彼らは「メイクするのは売れるため」「この音楽をこのシーンでやることに意味があるんですよ」などと発言し、歌詞では同業者批判を繰り返した。つまり、シーンへの愛情と憎悪でいっぱいだった。

これは、日本のポップミュージックシーン最重要人物の一人、鈴木慶一をプロデューサーに迎えて製作された2003年発表のアルバム。

おそらくは音楽だけで勝負できる自信があったのだろう。
アートワークでは、陰鬱でゴシックなビジュアルやこれまでの~実験室というタイトルをやめ、ナチュラルメイクのメンバーが青空の下でTシャツを干している。

日本文学や歌謡からの影響を時に陰鬱に、時に繊細に音楽に落とし込む、数少ない「本物」の匂いがプンプンする、桜井の曲。(彼はゲイである。)
ニューウェーヴやレフトフィールド・ポップにルーツを持ち、大胆な打ち込みも駆使する、石井の曲。
様々な曲調を難なくこなす優秀なリズム隊。

鈴木という師を得た石井の曲が水を得た魚のように生き生きと躍動している反面、桜井の曲は精細を欠いているが、ラストトラックの名曲「青春狂騒曲」が描く晴れやかな情景は、なにか吹っ切れたものを感じさせる。
このエゴとエゴのぶつかり合いから生まれる、壮絶でありながらも本物の美は、まさにカリガリ版「ホワイトアルバム」とでもいえよう。
「音楽の力」で下らないジャンル分けから解き放たれた彼らはこの瞬間、間違いなくただのロック/ポップ・ミュージシャンだった。

このアルバムをもって無期限活動休止。

More
[PR]
# by fa60453 | 2009-08-26 00:37 | うんこレビュー

ビートルズ俺の10曲




1.Two of Us
2.Don't Let Me Down
3.And Your Bird Can Sing
4.I've Got a Feeling
5.Twist and Shout
6.Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey
7.I'm Only Sleeping
8.We Can Work It Out
9.Oh! Darlin'
10.Rain


スヌーザーを受けて、俺も今の気分で単純に好きな10曲。ちなみに一番好きなアルバムは「Let It Be」で、「Don't Let Me Down」も含めるとそこからの曲が多いかな。

当時もうバラバラだったビートルズをポールが集めて、「もう一度ライヴバンドとしてやり直そう」とメンバーに持ちかけたんだけど、みんなライヴはヤダ、と興味を示さなかった。じゃあ間を取って、ライヴ・レコーディングならどう?ということで始まったのが、幻のアルバム「Get Back」のセッションなんだけど、話が発展して、レコーディングの様子を映画にしよう、という企画を立ててしまったのが運の尽き。スタジオは寒いわ、ジョンとヨーコはラブラブだわ、カメラ回っててイライラするわで、メンバーの仲はさらに険悪に。セッションはグダグダで、結局完成まで漕ぎ着けなかったっていう。(それじゃ最悪すぎるってんで、最後のケジメとして行われたのが、アップル社屋上での無断ライヴ。)

そのあと最後の花を咲かせようとして、メンバーは再び結束、「Abbey Road」を完成させ、バンドは解散。
世界中に失意が吹き荒れる中、残された「Get Back」用のセッションのテープの編集を任されたフィルスペクターによって、音をツギハギしたり足したりしてなんとか形になったのが、その「Let It Be」…という、いわく付きかつ、完成度も高くないのであんまり人気のない(?)作品なんだけど、俺大好き。

「どいつもこいつも『おれがおれが』ってうるせー。ポールもおまえも善人面してんじゃねーよ」というジョージの「I Me Mine」、「おめーらはミソクソ言いやがるが、おれはこいつ(ヨーコ)とやりまくるぜ」というブルースベースでリンゴのドラムが冴えるジョンの「Dig a Pony」、言わずもがなの「Let It Be」、発明に近い新しいロックンロールのグルーヴを持つ「Get Back」などなど、他のアルバムのような革新性はないけれど、決して悪くない曲たちが並ぶ。
頂点を極めたロックから、初期のようなロックンロールに回帰しようとしていたためか、さらっと聞けるシンプルさもこのアルバムの魅力の一つ。(自分のiTunesの再生回数はこのアルバムがダントツでトップ。)

アルバムのオープナーは、ポールの可愛らしい小品「Two of Us」。
「俺たち二人にはこの先に続く道より遥かに長い思い出がある」「僕たち二人レインコートを着て陽差しの中にぽつんと立つ/僕たち二人紙切れを追いかけてもどうにもならない・・・・家に帰るところだよ」と、ジョンへの気持ちを露にするポール、それにコーラスをつけるジョン、ポールがギター持っちゃってるからしゃーなしでベースラインをギターで弾くジョージ。「Get Back」にも登場する「元居た場所に帰ろう」というモチーフ。叶わなかった約束。どうしようもなく泣ける。

…ああ、「Let It Be」の話になってしまった。
でもこの、もう人間関係グチャグチャで、楽しかった時代を思い出して、泣きそうになって、もう一回みんなで力合わそうとして、でもやっぱエゴむき出しで、結果やっぱ才能爆発っていう、壊れそうな(壊れてるか)バランスが好きなんだな。

その他、「Don't Let Me Down」のジョンのボーカル、ポップな「And Your Bird Can Sing」、「I've Got a Feeling」の2つの曲を一つにしちゃう無理矢理感、カラオケで歌うとヒドいことになる「Twist & Shout」の絶唱、「Everybody's Got~」の無敵感、「I'm Only Sleeping」の倦怠感、「We Can Work It Out」でのポールの眼差し、「Oh! Darlin'」のポールの頑張り、「Rain」のポールのベースライン、エトセトラエトセトラ。

ま、クソみたいなベスト「1」だけ聞いて、ビートルズ知ってるような気になってる人たちもとりあえず1stから順番に聞いてみれば?と。リマスター盤、レンタルでもすぐ出るらしいし。
絶対に聞け!とは言わないけど、こんな美味しいもん食べたことないなんて、可愛そうやね、ははは。みたいな。
[PR]
# by fa60453 | 2009-08-19 00:49 | 音楽ネタ

Just tell me nothing's wrong, today

書きたいことはたくさんあるけど、このブログ向きのことを何個か。

・remix誌のサイズが大きくなっていた。デザインは「SWITCH」とか「EYESCREAM」辺りの雑誌を思わせるポップな感じに。別に広告が増えた気配はない。なのに値段は安くなってる!なんで?特集は「セカンド・サマー・オブ・ラブ」。レイヴカルチャー。野田勉の原点。あー、メタモに行きたい。スタボも廃刊(最終号よかった!マスト!!)だし、remixには頑張ってもらいたい。

・で、そのremix誌に三田格氏のコラムが載っていた。
曰く、「音楽は言葉で出来ているのだから、『絶句体験』を誰かとのコミュニケーションによって明瞭に言語化すること。ほかにその体験を有効にする方法はないし、第一、音楽を聴いている意味も価値も無い。」だそうだ。心の底から同意。

巷に蔓延する「音楽を言葉で語るな」というクリシェ。mixiレビューなんかでよく見かける「説明したってわかんないだろうから、とにかく聴いてみてください」とかいうアレ。表面的な印象論、クソの役にも立たん技術論でごまかすことしかできない自称「音楽好き」。

この三田格言うところの「音楽を言葉で語るな教」が普及してきた原因として考えられるのは、
・自分の属する文化的トライヴへの帰属意識のアピール=「居場所」への渇望はあるが、
・何が、どのようにして起こっているかを紐解く作業に必要な知識が膨大であり、どう語っていいのかわからない
ということなのではないかと。

「語る」という行為は、マイケル亡き今、細分化された文化の中で、自分は何が好きで、何が嫌いか?今、どこにいて、何をしているのか?を知ること、知ろうとすることだ。
「どう語っていいのかわからない」ならば、語る言葉を持つ為の努力をすべきだ。
それが「カルチュアル」であるということなのではないのか?
コミュニケーションこそが…なんてね。ははは。
「すべき」とか言っちゃって、煽るのはやっぱり性に合わないっすね。

・そんな状況に一石を投じる(?)、マサ太郎氏のブログの日本語ロックランキング企画の為に、恥ずかしながらちょこっとレビューを執筆中。凄い方ばっかでちょっと恐縮してますが、本っ当に素晴らしい試みだと思います。皆さんも是非読んで!

・最近なんか色々楽しい。

・で、明日はサマソニ!!!!!!






しゃー!!





もっかい書こ。

明日はサマソニ!!!!!!
[PR]
# by fa60453 | 2009-08-09 02:00 | 雑記

Tonight / Franz Ferdinand














2ndの性急なギターロックから一転、ギターはかなりの割合でシンセに取って代わっている。流行っちゃ流行なんだけど、ミーハーなだけではなく、どこを切ってもフランツ印がしっかりと刻まれているところはさすが00年代「踊れるロック(なんだそりゃ)」の先駆者。

強調された腰にくるベースの音と、ぐっと抑制されたBPMで誘うストーリーは、ちょっと惨めで、切ないロマンス。そして孤独、孤独、孤独。
ぐっと大人っぽくなったフランツの3rdは、どんな夜でも彩ってくれる、上質のサウンドトラックでござい。

しかし彼らは芸人魂を忘れない。
インタビューでは「ま、僕が一番踊るのを楽しめるのは、カーテンを閉めきった部屋のベッドの上で、一人で踊る時なんだよね(笑)。ベッドの上でとんぼ返りしたりするんだ(笑)」という発言も。わかるなー笑。
ブラーのデーモンは例えそうであっても、多分こんなこと言えないよね。(それが彼のチャームでもあるんだけど)

「ZAZEN BOYS4」の「The Drifting~I Don't Wanna Be With You」をよりセクシーにした感じ(?)でとってもヤバイ「Lucid Dream」からチルアウトしていくラスト3曲の流れがとても良い。
[PR]
# by fa60453 | 2009-07-25 01:09 | うんこレビュー

魂のゆくえ / くるり














日本のロックシーンを見渡して、ここ10年間の若手バンドの中で最も「偉大なバンド」はくるりでしょう。異論は認めません。ていうか、ある?

駄作無し、かつ、どのアルバムでも何らかの挑戦や新しい価値観があるくるりのアルバムですが、一番好きなものは?という問いがあったとして、皆さんは何と答えますか?
おれは「ベストアルバム」です。え?反則?うるさいな!だってそうなんやもん!

ベスト(Tower Of Music Loverね)の「リバー」~「ハイウェイ」~「飴色の部屋」~「赤い電車」の流れが自分がくるりのことを好きな一番の理由だ、ということを言っていた知り合いがいてね。その時の俺は、もうX JAPANのバンギャのヘドバン並みの勢いでうなずいたね。ここはほんとに、何回聞いても泣くね。

で、このアルバム。
曲の骨格の中にピアノがある「夜汽車」「つらいことばかり」「さよならリグレット」「かごの中のジョニー」「魂のゆくえ」(あとボートラ扱いの「三日月」も)が曲としては出色だと思う。逆に、ニューヨーク録音の岸田ギターが前面に出た曲たちはちょっと解釈が難しい。ブルース、カントリー、その他ルーツ・ミュージックをさらっとやれるのはすごいと思うんだけど、全然ドキドキしない。達身さんがいなくて、オーケストラがなくて、ピアノもない、さあどうしよう、という消去法の果ての選択だったのかな。その飾りの無い分、バンドのコアが表出している、というのが今回のうたい文句にはなってますが、うーん。

ただ、最終的にその「コアの部分」、もっと言えば歌詞でまとめたアルバム(らしい)なので、まとまりは悪くない。ていうか、考えてみればおれがくるりを好きな理由、前述のベストの曲の並びって、「孤独」「旅立ち」「ポップに殉ずる」というくるりのコアにあるテーマを凝縮させたような曲なんですよね。

なので、「魂のゆくえ」は、「うーん、好き…かも」という、女の子に言われたらムチャクチャドキドキしそうなことを言ってしまいそうになるアルバムで、ドキドキすんのかしないのか、好きなんか嫌いなんかどっちやねんハッキリろやボケ、と思わず口に出して聞いてしまいそうになる、恋愛初期の一番楽しい部分のような気持ちになるアルバムです。
なんやそれ。よくわかりません。でもよく聴いてます。
[PR]
# by fa60453 | 2009-07-19 01:10 | うんこレビュー

かるちゅある

e0116902_153292.jpg















例えどんな仕事をしようが、どんだけ忙しかろうが、どんだけ金が無かろうが、いくつになろうが、映画見て、ライブ言って、CD買って、知り合いと酒飲みながら語り合っていたい。
絶対的にカルチュアル(cultural;文化的な)でありたい。
そうであることをいつまでも楽しみたい。

まぁこれ、以前タナソウがビークルのヒダカさんにインタビューしてた時に言ってたことでもあるんですけど。
(以下、その記事より抜粋)

ヒダカ「やっぱり、『カルチュアルであるってことを楽しめるかどうか?』っていうのが、結局、その後の人生を決めるような気がしますよね。最近の派遣切りとか見てても、『仕事が無くなったら、僕は全部終わりなんです』みたいに言う人がいますけど。」

タナソウ「そうそう、別にまったくそんなことないんだけど、何故か、そう思い込んじゃうんだよね。」

ヒダカ「でも、我々って、別に仕事がある/ないで音楽聴いてないじゃないですか。空気を吸う、水を飲むってのとあんまり変わらないっていうか。」


もちろん、留年しかけで就職も決まってない、怠情な自分への言い訳も何%か入ってることは認めます笑。
でも、やっぱそれだけじゃない部分もあるんですよね。

フェス行きたいし、エヴァも見たいし、春樹も読みたいし、それについて話し合ったり喧嘩したり、色々したいんです。その時間こそ至福っていうかね。そういうことの積み重ねが実は一番大事なんじゃないかっていうね。
某ジュリー氏と俺のイエモンを巡っての議論とかね、やっぱ楽しいもんね笑。得るもん結構あったりするしね。
逆に言うと「好き」とか言ってるくせに何にも語れないヤツ、語れない「場」、語れない「時間」ほどしょーもないもんもないなと。

例えばダイノジの大谷さんのブログ
読んでると「うんうん!」と「ハァ??」が5秒に一回ずつくらい出てくるんだけど、それこそが大事なんであってね。でも、そういうの、難しいのかもしれないけど、俺の大学での人間関係の構築がうまくいっていないせいもあって(笑)、すっっごい少ないんよねえ・・・。

というワケで、試験が終わって、夏休みになったら、みんなでなんかそういうのやろうよ。かまって下さいよ。




ていうか、そんなんじゃなくてもいいから、もう普通に飲みたいよ。
できればそんなんがいいんだけど笑。




あ、そんなこと言ってるから友達が出来ないのか。
[PR]
# by fa60453 | 2009-07-18 01:49 | 雑記